このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 生酵素サプリの飲むタイミング別効果|食前・食後・運動前・就寝前

生酵素サプリの飲むタイミング別効果|食前・食後・運動前・就寝前

605view

2018.01.20

食前

消化・吸収がよくなる

生酵素サプリメントを食前に飲むと、食べたものを消化・吸収する働きがよくなります。これは、エネルギーを効率よく消費するために役立つ効果です。特に、朝食前に飲むようにすると、メリットが大きくなります。朝食をしっかり消化・吸収するということは、日中に動くためのエネルギーが、十分に補給されるということです。

日中の活動では、その潤沢なエネルギーをどんどん消費することになります。そして、余分なものは老廃物として体外へ排出されますが、生酵素サプリメントを飲んでいると、この排出もスムーズに行われます。つまり、体内に余分なエネルギーが残ることは、ほとんどなくなるのです。

このエネルギーの流れをうまく利用すれば、エネルギー消費が重要となるダイエットでは、高い効果が期待できます。夕食を軽く済ませて、朝食をたくさん食べるようにすると、エネルギー消費の効率を最もよくすることができるので、おすすめです。

アンチエイジング効果

消化・吸収がよくなる効果を利用して、たくさんの酵素を補給するようにすると、アンチエイジングの効果もあります。そこで注目したいのが、「デトックスタイム」と呼ばれる時間帯です。これは、午前4時~正午までの時間帯のことであり、ホルモンや自律神経のバランスを整えるために必要な時間になります。そのため、アンチエイジング効果を高めるには、このデトックスタイムに合わせて、多くの酵素を摂取しておくことが大切なのです。

しっかりアンチエイジングをするためには、朝食前に生酵素サプリメントを飲み、生野菜やフルーツなど、酵素を豊富に含んだものをメニューに入れてください。そうすると、正午までのデトックスタイムでは、十分な酵素が補給された状態になります。また、野菜やフルーツを食べれば、アンチエイジングには欠かせない食物繊維も、たっぷり摂取することができるのです。

食後

消化をサポートしてくれる

生酵素サプリメントは、食後に飲んだ場合も、消化をよくする効果があります。食前との違いは、作用がゆっくりになるため、胃に負担をかける心配がないことです。食前に飲んだときは、空っぽの胃に入れることになるため、人によっては、胃の調子を悪くする恐れもあります。

空腹時に飲んだ方が、消化・吸収をよくする効果は高くなりますが、体に負担がかかるようであれば、それは避けるべきです。そのため、胃が弱い人や、調子を崩している人は、なるべく食後に飲むようにしましょう。食べ物が胃にある状態だと、酵素の働きは少し鈍ってしまいますが、胃に負担をかけることはなくなります。

美肌効果

生酵素サプリメントを食後に飲む方法は、美肌の維持にも役立つものです。これは、夕食後に摂取した場合に有効となります。というのも、夕食後の2時間は肌の調子を整えるために必要な時間帯であり、生酵素を多く摂取しておくことで、その効果をサポートすることになるからです。

また、午後10時~午前2時の「ゴールデンタイム」も重要なポイントです。この時間帯は、成長ホルモンが多く分泌され、肌が日中に受けたダメージの回復や、新しい皮膚との入れ替えなどが行われます。このゴールデンタイムがあるために、肌を美しく保つことができるのです。夕食後に生酵素サプリメントを飲んでおけば、こちらの働きにもよい効果を発揮してくれます。

運動前

基礎代謝が上がる

生酵素サプリメントでダイエットをするなら、運動の前に飲んでおくのがおすすめです。これは、生酵素サプリメントにより、基礎代謝が上がることがポイントになります。基礎代謝は、高いほどエネルギーを多く使うものです。生酵素サプリメントで基礎代謝を上げておけば、通常よりも多くのエネルギーが消費されるため、ダイエット効果を高めることができます。

ダイエットでは、エネルギーの摂取量よりも消費量が多くなっている必要があるので、これはとても重要な効果です。また、運動に慣れていない人が、ダイエットで運動を始める際にも便利です。その場合、あまり無理をすると大きなストレスになってしまい、怪我をする危険もあります。

そのため、最初は軽いものから始めることになりますが、時間がかかると、その効果に不安を感じてしまうものです。しかし、代謝を上げておけば、軽い運動でも、通常よりエネルギー消費は多くなります。少しずつ進めることに焦りや不安があるなら、ぜひ生酵素の助けを借りましょう。

運動の直前は避ける

生酵素サプリメントを運動前に飲むには、運動前の時間の中でも、さらにタイミングに注意しなければなりません。運動前といっても、ギリギリのタイミングで飲んだりすると、体に負担がかかってしまいます。飲んだ直後に運動をした場合、胃の中には、飲んだばかりのサプリメントがそのまま入っており、これが原因で吐き気を感じることがあるのです。

すべての人に当てはまるわけではありませんが、もし吐き気を感じるようなら、運動を始めるとき、サプリメントが胃に残らないような工夫が必要になります。そのため、運動前に飲むなら、始めるギリギリではなく、30分くらいの余裕をもって飲んでおくようにしましょう。

それくらい前に飲んで準備しておけば、サプリメントが胃にとどまり、吐き気をもよおす心配はありません。もし運動を始める時間が定まらないようなときは、運動前を避けて、別の時間に飲んでおくことも大切です。

就寝前

便秘改善

就寝前の生酵素サプリメントは、翌日の排泄をスムーズにする効果があります。先述のように、生酵素は老廃物の排泄をよくすることができるので、就寝前に摂取して成分を吸収しておけば、翌朝には不要なものがスムーズに排出されるわけです。便秘に悩んでいるなら、就寝前にしっかり飲んで、翌日に備えておくようにしましょう。

食前に飲んだ場合でも、ある程度の効果はありますが、あまりにひどい便秘だと、それでは解消できないこともあります。そんなときは、就寝前に飲んで、より効果を高めてみましょう。食前で効果がなかった便秘でも、就寝前に飲む方法で効果を高めておけば、すっきりと解消させることができます。

二日酔いには生酵素

夜に大量のお酒を飲むと、翌日は二日酔いに悩まされることになります。そのような状態だと、何をするにも苦しく、仕事に影響が出てしまうことも多いです。この二日酔いを回避するためには、寝る前に生酵素サプリメントを飲んでおくようにしましょう。大量のアルコールを摂取すると、肝臓を酷使することになりますが、生酵素を就寝前に飲むことで、肝臓のサポートができます。

そのため、翌日の二日酔いを緩和することができるのです。普段は食前に飲んでいるという人も、飲みすぎたときには、就寝前に変更してみてください。生酵素の働きで、翌日の辛い体調不良が軽くなります。

疲労回復

就寝前に生酵素サプリメントを飲むと、成長ホルモンの働きを助け、蓄積された疲労を回復させることができます。人間が寝ているときは、成長ホルモンが分泌され、体の疲労を回復することになりますが、そのとき、酵素がたっぷり補充されていると、さらに高い効果が期待できるのです。

そのため、疲れをしっかりとりたいなら、就寝前に飲むのがおすすめです。成長ホルモンの分泌による疲労回復は、就寝してから34時間が活発になるので、就寝前に飲んでタイミングを合わせておけば、疲労を解消する効果は高くなります。このように、生酵素サプリメントを上手に使えば、体を蝕む日々の疲労も、かなり軽減させることができるのです。



2018年版※生酵素サプリの最新ランキングを見る>>